合気道愉々会blog - 2007年02月
■2007年02月

▼ 合気道兵庫県連盟合同研鑽会を終えて

「第六十一回県民体育大会・第一回合気道大会」として行われた合気道兵庫県連盟合同研鑽会に参加してきました。

場所は姫路市手柄山の兵庫県立武道館、午後1時より午後2時まで少年部、午後2時半から午後4時まで一般部の稽古、御指導いただいたのは合気会本部道場師範の関昭二先生、同指導員小山雄二先生です。

当会からは管理人が確認する限り八名の会員が参加、兵庫県各地の道場から約170人の合気道家が稽古に汗を流しました。
久し振りに会う懐かしい人、また初めて会う他道場の人と、分け隔てなく楽しく稽古ができるこういう催しには今後も積極的に参加したいと管理人は思いました。

写真があれば良かったのですが、生憎カメラが故障中なので、文章のみで失礼いたします。

最後に参加事務の手配をして下さった吉田さんはじめ参加者の皆さん、お疲れさまでした。

▼ 二月二十五日・日曜日・県連研鑽会について

今週日曜日、兵庫県立武道館(姫路市手柄山)で行われる県連合同研鑽会(第61回県民体育大会・第一回合気道大会)に参加される皆さんへ、取り急ぎお知らせです。

当日は14時に、現地県立武道館ロビーにて落ち合うこととします。
遅れて来られる方は、第2道場へ直接お越しください。

▼ 07年・新年会風景その2

07年・新年会風景」の続編です。


「まあまあまあ」
続きを読む >>

▼ 07年・新年会風景

遅くなりました、過ぐる一月六日・土曜日午後六時より、JR加古川駅前
月の庵」で開かれた合気道吉祥会、記念すべき初の新年会の模様を綴ります。

まずは盛大に「かんぱーい!!」 


忘年会より参加者が増えたため、前回のテーブル席から座敷に昇格です。暖色の照明が柔らかい、なかなか雰囲気の良い部屋です。

続きを読む >>

お知らせ

海の写真
▲ 合気道開祖(かいそ:合気道を創った人)
植芝盛平(うえしば もりへい)先生

※ 必ずおぼえましょう。

● 熱中症に注意・こまめな水分補給を!
● 限定公開記事のパスワードについて
2019年7月1日(土)からパスワードが変更に成ります。
稽古出席簿の裏表紙にパスワードを印刷した紙を貼ってありますので、ご確認下さい。

もしくはblog管理人にメール(aikidoyuyukaiblogkanrinin@gmail.com)で問い合わせて下さい(必ず御名前を明記して下さい)。

● 【お願い】道着(稽古着)の袖(または胸・帯)にお名前の表示を

● 会の概要
● 「入会案内」は→こちら

● 動画ダウンロード用ソフト
"Craving Exproler"
(※ Youtube動画をPCに保存出来ます)

プロフィール

合気道愉々会blog管理人

Author:合気道愉々会blog管理人

合気道 愉々会
あいきどう ゆうゆうかい

※ 「入会案内」は→こちら

● 関係団体
 ● 公益財団法人 合気会 登録道場
 ● NPO法人 合気道祥平塾 傘下道場
 ● 合気道兵庫県連盟 加盟
  (兵庫県体育協会 会員)
 ● 合気道加古川市連盟 加盟
  (加古川市体育協会 会員
 ● 合気道連盟(高砂市)加盟
 (高砂市武道団体協議会 会員)
 (高砂市体育協会 会員)

● 稽古場所:
 ● 加古川市立武道館(→地図)

大きな地図で見る

 ● 高砂市総合体育館(→地図)

大きな地図で見る

● 連絡先
 ● 代表:吉田司
TEL :079-433-2320


※ メールでの御問い合わせは下のメールフォームを御使用下さい。

合気道愉々会掲示板

合気道愉々会掲示板の記事を見出し表示します。 クリックすると掲示板の記事本文に移動します。

ブログ内検索

稽古・行事予定

 ◆ 記事版稽古予定
 ◆ 編集画面(管理者専用)
● 稽古場所:
加古川市立武道館(→地図)
高砂市総合体育館(→地図)

▲▼予定の文字をクリックすると詳細が表示されます。

愉々会代表へのメール

合気道愉々会・吉田代表へのメールフォームです。 入会・体験稽古などのお問い合わせはこちらへ。 印の項目は記入必須です。 その他の「ふりがな・年齢・性別・住所・電話・携帯番号」は任意で記入して下さい。
※ 携帯メールアドレスは送信エラーとなる場合がありますので、念のため電話番号や予備のメールアドレスの記入をお願いします。
※ このメールフォームで送信できない時は、aikido.yuyukai@gmail.comに直接送信して下さい。

国別訪問者

アクセスカウンター


クリックで救える命がある。
募金サイト イーココロ!

開祖の言葉と思想

ツイッターで合気道開祖・植芝盛平の言葉を呟きます。また門人らの語る開祖のエピソード・人物評も交えます。これを機に開祖の思想と合気道の歴史に興味を持って頂ければ幸いです。

過去の記事