合気道愉々会blog - 理合を考える~片手取り

▼ 理合を考える~片手取り

武道において「理合」(りあい)とは、技・形の中で「なぜこのように動くと決まっているのか」といったことの理由・意味合いを指す言葉です。(「理合想定」とも言う。)

合気道の稽古は形稽古が中心ですが、中でも基本なのが「片手取り」という想定で始まる形です。

P2220481.jpg


攻撃側が相手の手首を掴んできます。防御側は掴まれた手首を利用し、様々な技を掛けて逆に相手を制します。

しかしこれはよく考えるとかなり奇妙な格好です。
普通相手に危害を加えようとする者が、いきなり手首を掴みに行ったりするでしょうか?胸倉や肩などを掴むのが自然ではないでしょうか。
…ですが、合気道ではなぜか手首なのです。
どうしてなのでしょうか?その理由を考えてみました。

合気道は古流柔術を原型にしています。柔術はかつて武士の武芸だったもので、合気道の基に成った大東流柔術は殿中(屋内)での護身術として受け継がれて来たものだと言われています。

それを踏まえて、帯刀した武士が相対していると想定します。殿中なので大刀ではなく脇差(わきざし・小刀)を帯びているとします。その様子を木刀を使って再現してみました。
;正しくは「殿中差し」)

「捕り」(防御側)は相手の害意を察知し、脇差を抜こうと柄に右手を掛けます。
「受け」(攻撃側)は左手で柄に掛けた相手の右手を押さえ、右手で自分の脇差を抜いて相手を突こうとします。

PB180007.jpg
▲ 刀は左腰に帯びます。
PB180007_k.jpg
▲ 掴んだ部分拡大。捕りはぶつかった力をいかに流して技を掛けるかが問われます。



こうして実際にやってみると、攻撃側(「受け」)が相手の手首を掴むのは、

(1) 手首を押さえて相手に脇差を抜かせない
(2) 脇差で刺し貫くために相手の体を固定する

という具体的な目的があることが分かります。
胸倉でも肩でもなく、手首を掴まなければ成らない理由がそこにあります。

防御側である「捕り」は、攻撃側に手首を掴まれ、刀を抜こうにも抜けず、相手の刀で突いて来られるという窮地からどう脱するかが焦点になります。

このように形の理合を理解することで、稽古に臨む際の意識も変わってくるのではないでしょうか。

(御協力頂いた西山さん・南原さん・水津さんありがとうございました。)
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

お知らせ


● 限定公開記事のパスワードについて
10月1日からパスワードが変更に成ります。
稽古出席簿の裏表紙にパスワードを印刷した紙を貼ってありますので、ご確認下さい。

もしくはblog管理人にメール(aikidoyuyukaiblogkanrinin@gmail.com)で問い合わせて下さい(必ず御名前を明記して下さい)。
● 【お願い】道着の袖(または胸・帯)にお名前の表示を

熱中症に注意を!!稽古中も水分を小まめに補給しましょう。
(→参考リンク)


● 会の概要
● 「入会案内」は→こちら

● 動画ダウンロード用ソフト
"Craving Exproler"
(※ Youtube動画をPCに保存出来ます)

合気道愉々会掲示板

合気道愉々会掲示板の記事を見出し表示します。 クリックすると掲示板の記事本文に移動します。

ブログ内検索

稽古・行事予定

 ◆ 記事版稽古予定
 ◆ 編集画面(管理者専用)
● 稽古場所:
加古川市立武道館(→地図)
高砂市総合体育館(→地図)

▲▼予定の文字をクリックすると詳細が表示されます。

愉々会代表へのメール

合気道愉々会・吉田代表へのメールフォームです。 入会・体験稽古などのお問い合わせはこちらへ。 印の項目は記入必須です。 その他の「ふりがな・年齢・性別・住所・電話・携帯番号」は任意で記入して下さい。
※ 送信エラーとなる場合がありますので、できれば電話番号や予備のメールアドレスの記入をお願いします。
※ このメールフォームで送信できない時は、aikido.yuyukai@gmail.comに直接送信して下さい。

お勧め書籍・DVD

● 入門者・初級者お勧め


合気道パーフェクトマスター (スポーツ・ステップアップDVDシリーズ)合気道パーフェクトマスター (スポーツ・ステップアップDVDシリーズ)
(2009/06)
植芝 守央

商品詳細を見る

植芝守央(もりてる)・合気道三代目道主の手による合気道入門書。付属DVDには道主が実演する基本技・応用技が収録されているので、合気会のスタンダードを知るという意味でも必読の書。
必読度  …★★★★★
分かりやすさ…★★★★

DVDで見て、学ぶ 身体づかいの「理」を究める!<実践>合気道入門(DVD付)DVDで見て、学ぶ 身体づかいの「理」を究める!<実践>合気道入門(DVD付)
(2010/02/10)
佐原 文東

商品詳細を見る

写真と付属DVDによって合気道技を分かりやすく説明している。特に従来無かった、技のメカニズム・原理といった部分にも踏み込んで解説されているため、初級者だけでなく中・上級者も学ぶ点が多い。
必読度  …★★★★
分かりやすさ…★★★★★
黄金の天馬 (文春文庫)黄金の天馬 (文春文庫)
(1987/03)
津本 陽

商品詳細を見る

合気道開祖・植芝盛平の生涯をモデルにした小説(主人公の名前は「高島隆之助」と変更されている)。豊かな自然描写・心理描写により面白く読みやすい。波乱万丈の物語を楽しみつつ開祖の一生を知ることができる。
必読度  …★★★★★
読みやすさ…★★★★★
● 中・上級者向け

合気道開祖 植芝盛平伝合気道開祖 植芝盛平伝
(1999/05)
植芝 吉祥丸、植芝 守央 他

商品詳細を見る
植芝吉祥丸二代道主による開祖の公式伝記。エピソードや思想の解説も豊富。合気道家として最低限必要な知識が得られます。有段者に成ったら読んで置かなければ恥ずかしい、というくらい必読の基本書。
必読度  …★★★★★
読みやすさ…★★★★
武産合気武産合気
(1986/11)
高橋 英雄、植芝 盛平 他

商品詳細を見る

長らく『合気道家のバイブル』とされて来た、開祖の口述をまとめた本。古事記や神道用語の引用が多く、内容的には難しいが、開祖が合気道を通してどういう理想を説こうとしたか、熱意はひしひしと伝わって来る。合気道家として一度は目を通しておきたい基本書。開祖が晩年親交を結んだ白光真宏会の五井昌久・著者の高橋英雄の敬意に満ちた温かい文章も胸を打つ。
必読度  …★★★★★
読みやすさ…★★★★★

国別訪問者

アクセスカウンター


クリックで救える命がある。
募金サイト イーココロ!

開祖の言葉と思想

ツイッターで合気道開祖・植芝盛平の言葉を呟きます。また門人らの語る開祖のエピソード・人物評も交えます。これを機に開祖の思想と合気道の歴史に興味を持って頂ければ幸いです。

過去の記事

QRコード

携帯電話のバーコードリーダーで読み込むと、iモード、EZウェブ等でアクセスできます。
QRコード